お山のぶどうだよ!
IMG_1291_convert_20081025165529.jpg

やまぶどうが手に入りました。

そのまま食べると、、、、、
やっぱり、品種改良されたあまーいぶどうを食べ慣れている口には、素朴すぎる味です。。。。。


だけども、何とかしてパンに使ってみたい。
そのまま練り込むにしては皮が固いし、種も大きくて気になるし
ジャムやジュースはありきたりだし。。。


そこで、ものは試しといつものようにオーブンへ。


低温でじっくり乾燥がいいんだな。
味がものすごく濃くなってる!
種もぽりぽりナッツ感覚!

明日、パンに混ぜてみます。

来週には商品になっていると思うので、お楽しみに!

【2008/10/25 17:02】 | パンの材料のこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
新じゃがは愛の形?!
今年はおばあちゃんがたくさんじゃがいもを植えてくれました。
収穫の時には手伝うよと言っていたのに、ありあまる80馬力で
ぜーんぶ一人で掘ってしまいました。。。。

なので、それらの新じゃがを保管するために選別するのが休日の仕事でした。
こんなふうに、コンテナいっぱいになりました。
P1070171.jpg
じゃがいもたくさんのコンテナを積み重ねたので、今日は腰が痛い。。。。



そうして、その中に発見された愛。
P1070169.jpg
若くして、連れ合いであるおじいちゃんが亡くなり、女手ひとつで4人の子どもを育て、
今では8人の孫と、6人のひ孫がいるミツばっちゃんの愛です。
【2008/08/01 10:44】 | パンの材料のこと | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
いち思い
『凡さま

 昨日、無事に届きました。
 今日の朝ごはんにおいしく頂きました。
 心が満たされるってこういうことですね。
 幸せでした。
 またどうかよろしくお願いします。
 暑い日が続きますがお体に気をつけて
 おいしいパンを作って下さいね。』


先週、パンを送ったお客様からのメールです。

実は、この前にもメールのやりとりがいくつかあって、
前の記事にあった『命のパン』というコメントを見ていただいたとのことで、それで興味を持たれたとのこと。



`命のパン`のコメントには、私達も、どきどきと、パソコン前で背筋がしゃんとしたのでした。

口に入り、力になるものだから、本当に直接に`命`ということに関わるものを作っていること。

毎日のことでばたばたと忘れてしまいがちですが、改めて感じさせられたのでした。



凡パンは

「調子のよくないときに凡パンを食べて元気を出します」と言っていただいたり

「口に含むと気持ちが癒されます」というお手紙をいただいたり

「他のものが食べられなくてもここのパンなら食べられる」と言っていただいたり。


基本的に、粉と砂糖と塩のみの、余計なものの入っていない、素材の味です。

野菜パンを作ろうと思ったのも、今の家にお嫁に来て、おばあちゃんの作る野菜のおいしさにびっくりして、そういう素朴な、だけどある意味ではとても贅沢な幸せ感を味わってもらえればと思ったからでした。


シンプルだからこそ、いいものにこだわって。
だけど、贅沢すぎては毎日のものにならない。
そのぎりぎりのところで、毎日のことでお金を出せる範囲内で、凡パンは命をはぐくむ`食`を支えていきたいと思います。
【2008/07/15 12:10】 | パンの材料のこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
黒くて丸くて甘いもの
とりたて無農薬のブルーベリー。
赤くて丸いものを何でも「ガンクン」と言うJDには何に見えるのか。

P1070160.jpg


本日、小友の方から届きました。
あまりのつやつやにつまみぐいすると、、、、あまーい!
こんなに甘いブルーベリーは初めて食べました。

それらはいまオーブンのなかでぎゅぎゅぎゅっと、甘みと酸味を凝縮されつつあります。。。。
きっとおいしいパンになるでしょう。
【2008/07/14 16:43】 | パンの材料のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
そしてブルーベリー
きのうは夕方になってからピザの注文があり大急ぎで生地をこねて作って焼いて配達してきました。

おかげさまで明日のお昼にも注文をいただいています。



P1070145.jpg

  
これはなんでしょう、、、、
ヒントは先日いただいた無農薬のブルーベリー。。。

開店前に県の総食研で勉強させてもらったことを思い出してやっています。

できあがりが楽しみです。


【2008/06/29 14:58】 | パンの材料のこと | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ